コーデ

ニットスカートの色別コーデ61選!タイトでもお尻を気にせずにはく4つのポイント

更新日:

グレーのニットスカートをはいた女性の膝から下の写真

Photo by Japheth Mast on Unsplash

この記事のポイント!

  • ◯月~◯月下旬までがニットスカートが快適に着られる時期
  • 今っぽいニットスカートのタイプ
  • タイトスカート×気になるヒップのカバーの仕方
  • ニットスカートの色別コーデを紹介!

グラン
この前ね、月1の猫集会の話題がニットスカートだったんだけど

ね、猫集会って、あのよく集まってるやつぅ・・・!
ぷち子

グラン
それで、仕入れた情報によると、飼い主たちはこんなことを悩んでいるみたいね。

「お尻が・・・タイトなニットスカートってどうやって着ればいい?」

「ニットスカートにニットのトップス合わせたら、変??」

「グレーのニットスカートに合うタイツや靴下って何?」

「いつからいつまで着られるの?」

あ~、すっごく気持ちわかる。
ぷち子

お尻に自信がなくてタイトスカートをはく勇気が出なかったり、トップスの合わせ方がわからなかったり、スカートの下に何を履けばいいかわからなかったり。
着ていい時期が分からなくて「え、今日着てきちゃったけど、みんなもう着てない?(;・∀・) 」って不安に思ったりすることありますよね。

ということで、ニットスカートのお悩みポイントとコーデについてまとめてみました。

ぜひ読んでいっていただければ嬉しいですo(_ _*)o

スポンサーリンク

ニットスカートって、秋冬はいつからいつまで着ても大丈夫?

カレンダー

グラン
まずは、いつからいつまで問題からね。

一般的には、20度以下から薄手のニットを着る人が増えてくるようです。
とくに秋は、朝と晩は気温が低くなったり風が冷たく感じたりするので、晴れている日と曇りの日では体感温度も違います。
最高気温が20~15度の間は、日中晴れていると暑いと思うことが多いので、ウールやカシミアなどの動物繊維のあたたかいニットスカートだとちょっと汗ばみます。
厚手のニットスカートは、15度以下になってから着るとちょうどいいでしょう。

たとえば、東京の最高気温が20度より下になるのは10月26日、最高気温が15度以下になるのは、11月22日頃からです。(気象庁 過去の気象データ検索より)

また、東京では最高気温が15度を超えるのが3月下旬ごろなので、その頃には厚手のニットスカートを着ると暑さを感じるようになります。

薄手のニットスカートは
10月下旬ごろから着ると快適
******
厚手のニットスカートは
11月下旬~3月下旬ごろに着ると快適
スポンサーリンク

今っぽいニットスカートは断然タイト×ロング!

ぷち子
今から買うなら、どんなタイプがオススメなの?

「編み方」と「シルエット」に着目して、どんな印象にしたいかで選ぶといいわよ。
グラン

いま人気の編み方

人気の編み方は、リブ編みケーブル編みです。

リブ編み


リブ編みは、畑の畝(うね)のように凸凹が互い違いに並んで縦縞のようになっている編み方です。
縦に線があるように見えるので、ストライプ模様のように縦ラインで細見え効果があります。

ケーブル編み


ロープのような縄模様になっているのがケーブル編み。
凸凹した表面感があってカジュアルで可愛い印象です。

いま人気の形状の種類

トレンドはロング丈タイトシルエットのニットスカートです。

タイトスカート


大人っぽく見えて、今っぽいのがタイトシルエット。
しかも、ボトムがI(アイ)ラインだと、トップスはどんなシルエットでも合います

スリット入りスカート


おしゃれに決まるし、動きやすいのはもちろん、スカートの下に異素材のスカートをはくなどして重ね着も楽しめます。

プリーツスカート


ニットスカートのプリーツタイプはハイゲージが多いので上品に見えるし、こなれ感があるので皆と差がつくポイントに。
縦の線がくっきりしているので、脚も長く細く見えます。

フレアスカート


ふんわりと裾が波々になっている可愛いシルエットのスカートです。
裾に向かって広がるデザインなので、お腹周りが気になる人にはフレアもオススメです。

お尻を気にせずにタイトニットスカートをはく4つのポイント

ぷち子
タイトなニットスカートが気になる~!
・・・でも、わたしお尻が大きいから・・・。

気になっちゃって着る勇気が出ないのよね。
グラン

ぷち子
うん、そうそう。

大丈夫、次の4つのポイントに気をつけてみて。
グラン

①トップスやシャツで隠す

手を後ろで組んでいる水色のチュニックを着た後ろ姿の女性

まずは、手っ取り早いのが隠すことです。
たとえば、
ニットの下にシャツを着て、後ろだけシャツの裾を出してお尻を隠す。
前より後ろの裾が長いアシンメトリーなトップスを着てお尻を隠す。
トップスの前だけインして後ろは出してお尻を隠す。
腰にシャツやカーディガンを巻いてお尻を隠す。

ポイントは、前の裾は出さないこと!
お尻が隠せられるような長め丈のトップスを前身頃も出したままにしてしまうと、脚が短く見えてしまい、せっかくのスタイルアップ術が台無しに。

②締め色を選ぶ

ネイビーのグリッター

白やベージュなどは膨張して見えるので淡い色は選ばない方がいいです。
黒やネイビー、ダークグレーなどの濃い色を選べば、引き締まって見えます。

③厚みがある生地を選ぶ

分厚い2枚のホットケーキと横に添えられたバター

薄い生地は体にフィットしている感が出てしまい、輪郭を強調してしまいます。
厚みがある生地を選んだ方が体のラインを拾いません。

④ボリュームのあるトップスを着る

石畳の通路を歩く金髪の外国人女性

アルファベットのYの形になるように全身のシルエットを作ると、下半身がスッキリして見えます。
たとえば、トップスにはボリューム感のあるニットを着て、ボトムはスキニーパンツをはいてタイトなシルエットにすると、Yシルエットになるので対比効果で下が細いと錯覚させることができるんです。
反対に、トップスをタイトにすると、上より下の方が出っ張っているので、腰回りが目立ってしまいます。

ニットスカートに合わせるトップスの法則

ぷち子
じゃあ、ニットスカートにニットのトップス合わせたら変?

まったく変ではないし、むしろニットはとても合うわよ~。
間違いないトップスの合わせ方の法則はこれよ。
グラン

ニット×ニット

ピンク色のケーブル編みのニット

たとえば革ジャンに皮パンツに皮インナーだと、とってもハードな印象ですよね。
でも、ニットはトップスもアウターもニットでもOK、オールニットでも大丈夫なんです。
全身ニットでも可愛く仕上がる、それがニットの特権です。

合わせやすいのは、表面感を合わせることです。
リブ編みとリブ編み、ケーブル編みとケーブル編み、などでトップとボトムをそろえると統一感が出ます。
反対に、リブとケーブルといった編み方の違うものを組み合わせると、表情が豊かになって個性が出せます。

トーンを同じにする

円上に並んだ色とりどりの6個のスニーカー

同じ明るさ+同じ彩度の違う色、もしくは同じ色で合わせると違和感なく合います。

同系色を合わせる

色々な青色のイラスト
同じ色で明るさ違いの色or同じ色で鮮やかさが違う色もまた相性がいいです。
たとえば、ネイビースカートならブルーのデニムジャケットで暗い青と明るい青をあわせる、のような感じです。

モノトーンを合わせる

クリスマスツリーの横に座るサンタ帽をかぶったダルメシアンのモノクロ写真

まず間違いないのが白・黒・灰色のモノトーンカラー。
モノトーンはどんな色とも合う素敵色です。
ただ、全部モノトーンにすると冷たい印象に傾いてしまうので、バッグなどでアクセントカラーを追加すると和らげられます。

セットアップなら迷わない

どうコーデを組んだらいいか、やっぱりよくわからない、という方は初めからセットアップを選べばコーデを考える時間を短縮できます。
Aブランドのベージュのニットスカートに、Bブランドのベージュのニットを合わせると、セットアップ風になりますよね。
でも、同じベージュに見えても、ブランドが違うとまったく同じ色ではないんです。
色の変化を楽しむグラーデーションコーデならオシャレですが、そうではないなら同じ色のセットアップを選んだほうが野暮ったくありません。

ニットスカートの秋冬色別コーデ61選

では、ニットスカートを使ったコーデを見ていきます!
次の9つの色別でコーデを分けてみました。
(※色ボタンをクリックするとその色のコーデの場所に飛びます)
左手を上げる猫のイラスト

クリック♪


グレーのニットスカートのコーデ

まずは、1番人気があるグレーのコーデから。

ダークグレーニットスカート×キャメルニット

ダークグレーのリブニットスカートはタイトシルエットで上品な印象です。トップスはスカートよりもリブ幅が広めのキャメルのリブニットを前だけスカートにINしています。全体的にきれいめな印象のコーデに、ハードな印象のエンジニアショートブーツを組み合わせたギャップで、大人可愛い雰囲気に。

ライトグレーニットスカート×グリーンカーディガン

秋冬感を損なわず少し軽い印象になるライトグレーのニットスカートを使ったコーデ。クルーネックの白トップスはスカートとのバランスがちょうどいい丈感です。スカートはリブ編み、緑のニットカーディガンはケーブル編みで、上も下も表面感があって可愛さを放っています。また、黒ブーツでもグレーのタイツで重くならないように配慮しています。

ダークグレーニットスカート×オレンジスウェット

シンプルなロングニットスカートとポップなスウェットをあわせた大人カジュアルコーデです。着映えするオレンジ色のロゴ入りビッグシルエットスウェット、その個性に負けないようなファーバッグとパイソン柄スリッポンのアニマルアイテムで大人っぽく季節感をプラス。
スカートのインナーには黒のレギンスで抜け感を。

グレーニットスカート×ニット×ニット

グレーをベースカラーにしたワンカラーコーデです。大人っぽさと可愛さが両立したフレアデザインのニットスカートに、ゆったりしたライトグレーのクルーネックニット、同じくライトグレーのロングカーディガンで、リラックス感のある着こなしに。ファーがあしらわれたパンプスはグレージュで足元にこなれ感を。

ダークグレー×ベージュニット

横リブと縦リブのアシンメトリーなAラインニットスカートと、ベージュのハイネックニットのおしゃれな着こなし。明度に差があるリブニット×リブニットでメリハリが生まれますね。ワインレッドのタイツでより大人っぽさをプラス。アウターは明るいグレーをチョイスしているので、アウターを着ても全体のトーンバランスはそのまま保てます。

ライトグレー×ブラックコート

ニットスカートはライトグレーのタイトなロング丈。
全体的に黒をベースカラーにし、ニットトップスとコート、ドレスシューズ、タイツは全て黒で統一しています。ニットは前だけちょこっとインでスタイルアップ。ダークカラーの中から白(シャツ)を覗かせるとヌケ感が出ますね。持ち手がファーになっている可愛いカゴバッグでカジュアルダウンも。

白のニットスカートのコーデ

コートやブーツなどダークトーンが多くなりがちな着こなしをパッと明るくしてくれる白のコーデ。

白ニットスカート×チェックジャケット

カジュアルなニットスカートを上品なカチッとしたジャケットと合わせれば脱コンサバスタイルに。チェックのジャケットとトーンを合わせたグレージュのハンドバッグ、ハイソールの黒パンプスに、明るいオフホワイトのスカートを主役に持ってくると皆と差がつく好感度の高いオフィスカジュアルが叶います。

白ニットスカート×ダメージスカート

マキシ丈のニットスカートの上にチェックのダメージスカートを重ね着した上級テクが光るコーデです。アウターにはチャコールグレーのロングコートで、全体的にロングでゆるっとした雰囲気のアイテムを組み合わせています。その反面、ベルトでウエストマークしているので、ボトムが重く見えません。大ぶりのピアスも視線をアップさせてくれます。

白ニットスカート×キルティングブルゾン

黒が多いコーデも白があるとほんわかした可愛い雰囲気になりますね。温かさもおしゃれも叶う黒色のキルティングブルゾンと黒Tで、ボリューム感があってもトップスがスッキリした印象に。レオパード柄のトートバッグが1点キャッチーなポイントになっています。

白ニットスカート×グリーンコート

白のふわっふわなベレー帽が可愛い白ベースのセットアップ風コーデ。オリーブグリーンのブルゾンはビッグシルエットなので、ニットスカートはロングよりひざ丈の方がバランスがよく見えます。メンズライクなブルゾンは、フチが丸みを帯びて作られているから、女性らしいアイテムとも馴染みますね。

白ニットスカート×グレーコート

淡いカラーと、首元+足元+バッグとバランスよく配置されたブラックでメリハリ感がありますね。白、黒、グレーの無彩色の中に甘すぎないベージュピンクを投入すれば大人っぽく上品なカジュアルコーデに。ニットスカートもコートもストレートシルエットかつ、トップスをインすることでスタイルアップが狙えます。

白ニットスカート×グレーニットカーデ

ロング丈の白ニットスカートにグレーのロングニットカーディガンでニット×ニットな組み合わせ。カーディガンのリボンで高めの位置にウエストマークしているから、脚長効果も華奢見えも。トップスはクルーネックで抜け感を出して、視線を上へ。タイツは、こっくりカラーのワインレッドをさりげなく取り入れています。

白ニットスカート×MA-1

ほんわか優しい印象の白ニットスカートに対して、キリッとハンサムな印象になる黒のMA-1と迷彩柄のトートバッグで甘辛MIXなコーデです。
アップヘアも女性ならではのヘアアレンジなので、メンズライクなアイテムと合わせるとより可愛さが強調されます。

黒のニットスカートのコーデ

モードに、上品に、コンサバに、何にでも合う黒色のニットスカートを使ったコーデです。

黒ニットスカート×山吹色ブーツ

ボタンで縦ラインが強調できるニットスカートは深めのスリットでヘルシーに肌見せ。逆にトップスはたっぷりめのタートルニットで首が詰まっているので抜け感のバランスが◎。ブーツとニットトップスをトーン違いの同じ色にしているから、黒×イエロー系でまとまっています。明るい髪色なのも黄色系に合いますね。

黒ニットスカート×MA-1

MA-1×スニーカーは、ちょいスポーティでメンズライクな印象に傾きそうなアイテムだけど、品のあるネイビーのバッグと細リブのタイトスカートを合わせているからハンサムすぎず大人っぽくきまります。ベースは白と黒で、白黒白と交互に持ってきて面積が半々になるように組んでいます。

黒ニットスカート×ネイビーパーカー

黒とブルー系のストリートミックスな着こなしです。美シルエットな黒のニットスカートにネイビーのロゴ入りパーカーを合わせ、中心をダークトーンでまとめればスッキリ見えます。裏ボアのデニムジャケットは明るめのヴィンテージブルーだから、トップスに軽さが出て上下のバランスも◎

黒ニットスカート×デニムジャケット

ロングタイトスカートに、コンパクトなデニムジャケットとその上からネイビーの大きめダウンコートを着たあったかスタイル。真っ赤なハンドバッグがカジュアルコーデを格上げしてくれています。靴は白で抜け感を。膨張色の白は広がって見えるので実は靴に使うとスタイルアップにつながるカラーなんです。

黒ニットスカート×プリントスウェット

すとんと真っ直ぐなライトグレーのコートに、タイトなスカートのシルエットがそのまま活かされたIラインシルエットな着こなし。トップスにはミッキーのイラストがプリントされた白地のスウェットでカジュアルに。コートにフードがついているのでトップスのカジュアル感とマッチしています。くしゅくしゅ感がキュートな長めのレギンスでスタイルアップも。

黒ニットスカート×ボルドー

鮮やかさや明るさが違う赤系をグラデーションのように取り入れた上級コーデ。フレアでふわっとボリューミィなニットスカートに合わせたのは、ダボッと感が可愛い秋冬カラーのボルドーニット。ニットの色より鮮やかさを増したワインレッドのバッグと赤いファーチャームでシックにまとめています。ミニ丈スカート×ビッグシルエットアウターだから華奢見えも。

黒ニットスカート×ニットプルオーバー

ケーブルニットのスカートにオフホワイトのニットプルオーバーでリラックス感のある雰囲気。パーカーにポケットがなく前身頃がスッキリしているので、カジュアルすぎずジャケットを着るとまた違った印象になりそうです。また、ただの白ではなく、オフホワイトやクリーム色など、くすんだ白を使うと黒とのコントラスト感が強くなりすぎず、ベージュのアウターと合わせたときにより大人っぽくなります。

黒ニットスカート×ベージュ

裾が控えめなフリルになっている可愛いタイトスカートとベージュのアイテムとの着こなし。黒のロングでも裾に動きがあるのでそこまで重い印象になりません。アウターにはメンズっぽさをイメージするカーキ色を合わせているのに、品があって可愛い雰囲気なのはベージュを使っているから。ベージュの取り入れ方を真似したいコーデです。

黒ニットスカート×モノトーン

スリット入りでスタイルアップが叶うリブニットスカートにボーダートップスをイン。アウターはライダースジャケットとライトグレーストール、靴は黒のショートブーツを合わせたモード感のあるコーデです。それぞれ素材の違う黒なのもポイント。マゼンタのようなビビットなピンクが目を引くミニバッグで華やかさを追加しています。モノトーンなので、小物はいろんな色を楽しめますね。

ネイビーのニットスカートのコーデ

コンサバで女性らしく上品なイメージのネイビー。

ネイビーニットスカート×アイボリーバッグ

ネイビーのニットセットアップを使った上品なコーディネートです。ベーシックなニットスタイルに金ボタンがついたレトロ感のあるジャケットを羽織ってトラッドな印象に。デコルテ見せでスタイルアップも。足元はビジューバックルがついた黒パンプスで華やかさをプラスすればコーデ全体の高みえUPが叶います。また、アイボリーのハンドバッグでダークカラーの重さを和らげ女性らしい雰囲気に。

ネイビーニットスカート×ざっくりニット

タイトシルエットのネイビーのニットスカートに、ざっくり編まれたローゲージのゆったりニットを合わせた大人カジュアルな組み合わせ。トップスは大きめのシルエットでボトムはタイトというYラインになっているので、脚をさらに華奢に見せてくれます。パンプスとストールもネイビーで揃えてまとまり感のある上品コーデに。

ネイビーニットスカート×花柄

フリル付きの花柄ブラウスをネイビーのニットスカートにインした、デートにもぴったりなフェミニンなスタイルです。花柄トップスは青色が入っているからネイビーとの相性も◎。また黄色系の花もあるので、コートのベージュともマッチします。黒のベーシックなショートブーツを合わせて大人っぽさもプラス。

ネイビーニットスカート×白パーカー

モードな印象のフリンジがついたスリット入りニットスカートに合わせるトップスはカジュアルな白パーカー。パーカーの上から黒のブルゾンを羽織れば膨張色の白が引き締まります。トートバッグとスニーカーも黒で合わせればスカートの主役感が高まります。足元にライトグレーのタイツで抜け感も。

ベージュのニットスカートのコーデ

やわらかい印象のベージュで美人コーデを。

ベージュニットスカート×白ソックス

ピンクが入った女性らしい優しい印象のニットスカートを使ったコーデです。靴下やトップスなど少ない面積で白がほどよく効いていて、ぼやけがちなベージュがスッキリ見えます。また、ゴールドチェーンのショルダーバッグで洗練された印象に。ベージュは黄色の鮮やかさや明るさを変えて出来る色なので、類似色のゴールドが馴染みやすいです。

ベージュニットスカート×デザインニット

前スリットでセクシーなニットスカートと、ブラウン×ブルー系のデザインニットでニット×ニットの組み合わせ。締め色のブルーがちょうどお腹のあたりにあるので、引き締まって見える効果も期待できます。ベージュのワントーンがベースのコーデなので、アウターを羽織るとしたらダークトーンのブラウンコートも合いそうですね。

ベージュニットスカート×パイソン柄

イエロー系×白でまとめた秋冬らしいニットスタイル。トップスをインしていないのにスタイルがよく見えるのは、色々なスタイルアップポイントを散りばめているから。ウエストバッグを高めの位置で斜めがけ、サイドスリット入りのトップス、ハイソールのブーツ、ハイポニーテール、これら全てがスタイルアップにつながっています。

ベージュニットスカート×スニーカー

深めのスリットで大人っぽく、はっきりした太めのリブで縦長シルエットが作れるニットスカート、凛としたベーシックな黒のコートでエレガントで落ち着いたコーデです。定番のローカットスニーカーと靴下を組み合わせてカジュアルダウンしています。バッグはレオパードのトートバッグ。レオパードもブラウン系なのでベージュとの相性◎。

ベージュニットスカート×ブラウンスウェット

ロング、ケーブル編みやダイヤモンド編みなどいろいろなアラン編みで作られた表情豊かなニットスカートです。スカートのデザインがにぎやかなので、トップスはブラウンのスウェットでシックにおさえています。バッグは主張しすぎないけど季節感のある茶色と同系色のレオパードのポーチでミニマムに。

ベージュニットスカート×ベージュグラデ

ベージュを明度のグラデーションになるように組んだゆるふわな優しげスタイル。明るいベージュのボアブルゾン、モカに近いダークベージュのニットスカート、さらに暗くしたブラウンのショルダーバッグでグラデになっています。髪はダウンスタイルでゆるやかな雰囲気にぴったりですね。

ベージュニットスカート×ネイビーブルゾン

ベージュのリブスカートとオフホワイトのニット×ニットコーデをネイビーのキルティングブルゾンで引き締めて、知的な印象に。クラッチバッグはスニーカーと同じ黒なのでまとまり感が出ています。また、こなれ感を出すテクの1つとしてスカートとリンクしているブラウン系の大ぶりリングピアスにも注目です。

ベージュニットスカート×赤ダウンジャケット

赤いダウンジャケットが目を引く寒い日の外出にぴったりな防寒もおしゃれも叶えるコーデです。押しの強い赤をブラウンのスニーカーが和らげてくれていますね。上半身にボリュームがあるのでストレートラインのボトムがよりスッキリして見えます。スカートのバックスリットや首元の白で抜け感も。

ベージュニットスカート×ベージュベージュ

ケーブル編みのニットスカート、ゆったりデザインのニットトップス、ボアブルゾン、それぞれ微妙にニュアンスの違うベージュを使っています。秋冬は黒だったりブラウンだったり暗い色の帽子を選びがちですが、このフェルトハットは白なので顔周りがパッと明るくなります。また、大人カジュアルな中にパイソン柄のブーティを投入してコーデを格上げ。

茶色のニットスカートのコーデ

景観とも馴染む茶色で季節感たっぷりなコーデ。

茶色ニットスカート×ファーキャップ

ケーブル編みの凸凹感が可愛いニットスカートとクルーネックの白カットソーに、トーンの違うブラウンのファーキャップを被ったシンプルな大人カジュアルスタイル。マキシ丈のスカートにトップスをインしているので脚長効果がすごいです。さらに厚底サンダルや高めの位置のサコッシュも効果を助長しています。

茶色ニットスカート×ライダースジャケット

同じ茶色のスカート+レギンスとモノトーンのカジュアルコーディネート。ファーとリボンの可愛いミュールとライダージャケットの黒と黒でブラウンを挟んでいます。髪色が明るいのでダークカラーの合わせでもシックになりすぎない、というのもありますが、白地のインナーでちょうどいい抜け感と立体感が出ています。

茶色ニットスカート×黒ダウンコート

外にいる時間が長いときでも絶対温かいコーデ。ハイネックの赤ニットをインナーにし、ストレートラインのダウンコートでしっかり防寒。マイルドなこげ茶色のスカートは、上品なマキシ丈のプリーツ仕様になっていて、黒や赤の強さを中和してくれています。

茶色ニットスカート×茶色グラデ

ニットスカートのブラウンが1番暗い色で、次にトップス、靴下、一番明るいのがストローハットというグラデーションカラーでまとめたこなれコーデ。サンダルも茶色ですが、他の色より鮮やかなのでアクセントになっています。また、トップス、スカート、靴下が全てリブ編みに。このように色が違っても編み方で統一感が出ます。

モカニットスカート×白ニット

モカ色のリブニットスカートとざっくりしたローゲージ白ニットでふんわり優しい色の組み合わせです。靴は、白のショートソックスに黒のパンプスに合わせてカジュアルに。トップスのボリュームとボトムのタイト感のバランスがよく、脚がよりスラッとして見えますね。また、ニットはハイネックで首が詰まっているので、足元は肌を見せると窮屈感もありません。

モカニットスカート×モカコート

モカニットスカートとモカボアコート、素材が違うモカとモカを組み合わせた色素薄い系コーデです。合わせているモケモケしたVネックの紫ニットはモカブラウンと同じトーンなので、淡い雰囲気を壊しません。逆にキャップや靴はブラックを使って適度に引き締めています。

茶色ニットスカート×厚底シューズ

厚底シューズで大人カジュアルに味付けした、ちょっとハードな大人可愛いコーデです。茶色と黒というシックな色合わせの中で靴のソールの白が抜け感を出してくれていますが、ソールの存在感が大きいので首のグレーマフラーでバランスをとっています。バッグやジャケットはスカートのカジュアル感とはまた違うハード感で、大人っぽさを引き上げてくれています。

キャメルのニットスカートのコーデ

茶色より明るく、ベージュより暗い、こっくりカラーのキャメルでしっかり秋冬感を。

キャメルニットスカート×迷彩ジャケット

キャメルとアースカラーの相性は◎。ダイヤモンド編みなどのアラン模様とスリット入りのロングニットスカートには、シンプルなロゴ入りの白カットソーを合わせて大人カジュアルに。メンズライクな印象の迷彩柄のジャケットは、襟抜きでラフに着崩したり袖をまくって手首を見せることで女っぽく着こなしています。また、ジャケットの上から細ベルトでウエストマークしてスタイルアップも。

キャメルニットスカート×カーキニット

秋冬らしいくすみカラーとキャメルで作るコンサバコーデ。袖が裾に向かって広がるベルスリーブのニットと、同じく裾広がりのAラインスカートで全体のシルエットをXにしているのでウエストが引き締まって見える効果が。バッグはトップスの色に合わせてくすみカラーのベージュを選べばキャメルがより映えます。

キャメルニットスカート×ボーダー

縦ラインを強調できる編地のニットスカートと横ラインのボーダートップスで、下半身をスッキリと見せられるコーディネート。靴は同じく白と黒のハイカットスニーカーで統一感を出しつつカジュアルにまとめています。がま口型のバッグをセレクトすればレトロな雰囲気がでてこなれた印象に。

キャメルニットスカート×モノトーン

タイトなニットスカートにカジュアルなモノトーンアイテムをあわせたちょっとスポーティなスタイル。膨張色の白が多めでもリブ×タイトなスカートならシュッとスッキリ見えます。ぜひ真似したいのが、パーカーの下に着た白トップスをバックから出している点。ヒップ周りをナチュラルにカバーすることができます。

キャメルニットスカート×白ニット

いろいろな編み方を組み合わせた表情豊かなニットスカートに合わせているのはボリューミィな白のニット。バルーンのような袖でふんわり可愛い雰囲気に。スカートの裾には異素材の生地をあわせてフレアになっているから、動きがプラスされて元気なガーリースタイルが完成。アイボリーのボアブルゾンなら、ガーリーさを壊さず優しい印象になります。

赤系のニットスカートのコーデ

赤やボルドーなどのリッチ感のある赤系スカートの着こなし。

赤ニットスカート×白ジャケット

グッチなどのハイブランドを使った着こなしでラグジュアリー感があふれています。色合わせがとてもうまく、ニットスカートの赤に合わせ、Tシャツ・バッグ・靴にも赤が入っているものを選んでいますし、ネックレス・ベルトやバッグの金具は全部ゴールドで統一しています。また、赤は飛び出て見える色なので、黒の細ベルトでさりげなく引き締めているのもポイント。

赤ニットスカート×コーデュロイシャツ

一気に秋冬感が加速するコーデュロイのシャツと深みのある赤ニットスカートの組み合わせです。アンブレラスリーブとウエストリボンでエレガントな雰囲気のシャツは、襟抜きでこなれ感を。トップスの青よりもボトムの赤の方が鮮やかなので、赤がより鮮やかに見え主役感が増しています。リップとチークもレッド系で合っていますね。

赤ニットスカート×赤ベレー帽

上からワインレッドのベレー帽、ベージュニット、ダークレッドのスカートと、ベージュを赤でサンドイッチ。スカートの真ん中のボタンやスリットが縦シルエットを作ってくれるのでスタイルアップに。トップスのニットは裾やネックラインがフリンジになっていますが、ブーツもフリンジ付きでリンクしています。

赤ニットスカート×レオパードコート

ざっくりしたロングニットスカートに合わせたのは、プリントスウェットとレオパードのコート。レオパードコートがゴージャスなオーラを放っています。そのゴージャス感に負けないようなベルト付きのゴツめのエナメルブーツで足元もしっかり主張し、髪型もダウンスタイルで巻いているのでバランスも◎。

赤ニットスカート×迷彩ジャケット

ボトムはレディなアイテム、トップはメンズライクなアイテムの、かっこいい女コーデ。赤と反対の色の緑を使っているので冴えた赤が強調されメリハリが生まれます。ただ、赤と同じ鮮やかさの緑だとケンカしちゃうので、こちらのコーデのようにどっちかの明るさを抑えた方が◯

赤ニットスカート×グレーパーカー

フロントが編み上げになっているセクシーなニットスカートとカジュアルなグレーのプルオーバーパーカー、チャンキーヒールのブーツでシンプルなカジュアルスタイル。グレーは何にでも合う万能色です。グレー自体は地味なイメージがある色ですが、凸凹表面感のある生地なら立体感が出てよりおしゃれに。スカートもリブで凸凹感があるのでパーカーとの違いが楽しめます。

ボルドーニットスカート×紫ニット

暗い赤みのボルドー色のニットスカートと合わせているトップスはベーシックな紫のニット。赤と紫は近い色なので相性も抜群。ブラウンのパンプスで足元からエレガントな雰囲気がにじみ出ています。キャッチーで季節感のあるレオパード柄のトートバッグを持てば脱コンサバスタイルに。

ボルドーニットスカート×グレーニット

ライトグレーのニットとこっくりカラーのボルドーニットスカートのシンプルで品のいいコーデです。バッグは靴の色と同じ黒でまとまり感があります。もしアウターを羽織るとしたら、ボトムがタイトなシルエットなのでどんな形でも合うと思うのですが、たとえば黒のショート丈ブルゾンや白のシンプルなコートもアリだと思います。

緑のニットスカートのコーデ

控えめで調和がとりやすいグリーンはぐっと落ち着いた大人の印象に。

グリーンニットスカート×グレーブルゾン

膝下丈のリブタイトニットスカートに、シンプルなブラックのハイネックニットをインしてベーシックに。ボアとスエード地でできたビッグシルエットのブルゾンをさらっとまとってカジュアルダウンすることで、大人っぽさと可愛さが両立。アウターのあるなしで印象もガラッと変えられます。靴やタイツも色をおさえると色物の素材感が引き立ちます。

グリーンニットスカート×キャメルコート

ダークグリーンのタイトニットスカート、白のダメージニットでこなれた大人のカジュアルスタイルに。グリーンと相性のいい茶色のムートンコートでおしゃれも暖かさも叶います。また、ボトムがタイトなシルエットでリブ編みだから華奢見え、ハイソールスニーカーでさらに脚長効果も。

グリーンニットスカート×ライダースジャケット

穏やかなグリーンのニットセットアップにブラックのライダースジャケットを合わせた、レディーハンサムな着こなしです。スカートより少しトーンが鮮やかな茶色のハンドバッグがワンポイントに。ブーツではなくハイカットスニーカーを合わせてカジュアルダウンすることで可愛い印象に。

グリーンニットスカート×白スウェット

表面感のあるケーブル編みのニットスカートは少し青色が入った青緑色。合わせるトップスはホワイトのスウェットで爽やかな印象です。Iラインのスカートなのでボリュームのあるトップスを持ってくるとスタイルアップに繋がります。コートは黒のチェスターコートでトラッドに仕上げて、ライトグレーのベレー帽でふんわり優しい雰囲気をON。

グリーンニットスカート×ピンクジャケット

ニットスカートは落ち着いた印象のダークグリーンのロングプリーツスカート。シンプルな白トップスと白スニーカーでカジュアルに。ハードになりすぎないパステルピンクのライダースジャケットの上から、ワントーン落としたピンクのファーベストを羽織ると一気にラグジュアリー感が増します。ハンドバッグとキャスケットでミニマムに。

まとめ

グラン
ニットスカートは秋冬感のあるシックな色が多いから、品よくまとめるのもいいし、他のアイテムを派手色にしてギャップを楽しむのもいいわ。

ワンパターンじゃなくて、いろんな印象がつくれるんだね~。
ぷち子

グラン
紹介したコーデを参考に、ニットスカートのコーデを組んでみましょう。

はい、がんばります。
ぷち子

最後まで読んでくださりありがとうございました*

-コーデ
-, ,

Copyright© ぷち子のファッションブログ , 2020 All Rights Reserved.